無駄知識の掃き溜め

CS:GOやその他ゲームのお役立ち情報を書いたりしています。

マウス加速を入れられるInterAccelの使い方

f:id:hiramete0r:20190716171401p:plain

はじめに

インターネット上の情報というのは常に失われる可能性があります。

私が今回この記事を書くのはインストール方法等を書いた日本語の記事が失われてしまったからです。

 

マウス加速の是非

私は随分前に読んでしまったのであまり記憶にないですが、この記事を読むといいと思います。(丸投げ)

logical-gaming.blogspot.com

 

InterAccelについて

InterAccelとはInterceptionというドライバを利用したマウス加速を入れるためのソフトウェアです。

このドライバを使うことで遅延なく加速を入れることが可能だと言われています。

マウス加速なんてゲーム上で入れればいいだろ(笑)と思われるかもしれませんが、ドライバで加速を入れることで他のゲームにおいても全く同じ加速を再現できます。

また、RawInputを入れた状態で加速をかけることが可能なので入力遅延を最小に抑えることも期待できます。

詳しくはこちら。

hiramete0r.hatenablog.com

 

インストール方法

0.Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールしていないひとはここからインストールする。

おそらくほとんどのひとがインストール済みなので不要だと思われます。

 

1.ここからダウンロードしてきます。

f:id:hiramete0r:20190716172855p:plain

2.解凍する。

解凍して出てきたファイルはインストール後も使うのでドキュメントフォルダなどに置くことを推奨します。

 

3.「1. driver」フォルダを開く。

 

4.「driver_install.bat」を右クリックして管理者として実行する。

f:id:hiramete0r:20190716173301p:plain

5.コマンドプロンプトでSuccessfullyほにゃららと出たら成功。

 

6.PCを再起動する。

 

初期設定

1.「2. application (64 bit)」フォルダを開く(32 bitの場合は「3. application (32 bit)」)

 

2.「InterGUI.exe」を実行する。

 

3.左上のFileからConfiguration Wizardをクリック

f:id:hiramete0r:20190716173908p:plain

 

4.USB RateとDPIを設定する。

USB Rateはマウスのリフレッシュレートのことです。

最近のマウスの多くは初期で1000。

 

各項目の説明と推奨値

それでは実際に加速を設定していきます。

・Sensitivity

気にする必要なし。

推奨値:1

 

・Acceleration

加速度

推奨値:個人の好みによって異なる。

 

・Sensitivity Cap

最大加速の制限値

2に設定すれば、どんなにマウスを高速で振っても最大2倍までしかセンシが高くならない。

推奨値:個人の好みによって異なる。

 

・Speed Cap

逆加速を入れるのに用いる。

設定するとマウスを高速で動かしたときにセンシが逆に低くなる。

推奨値:0

 

・Offset

加速が入るまでのマウス速度を設定します。

設定することで、ゆっくり動かしているときは加速が入らず、高速に動かした時のみ加速が入るようになる。

推奨値:個人の好みによって異なる。

 

・Power

加速のカーブの仕方を決める。

設定項目の右側のグラフを見てもらうとわかると思う。

推奨値:2以上

 

・Pre-Scale

わからんw

推奨値:1にしてPost-Scale使え by 作者

 

・Post-Scale

わからんw

推奨値:個人の好みによって異なる。

 

・AngleSnapping

直線補正

推奨値:0

 

・Angle

斜めにセンサーがついているマウスで水平移動をしやすくする。

これを設定することで仮想上でセンサーの向きを変更できる。

推奨値:不明

 

実際に設定してみる

※この項目はGO向けに書きます。

 

私が実際にやった方法です。

 

1.遠距離で撃ち合いやすいゲーム内のセンシを探す。

実際にゲームを起動して試してみましょう。

このとき、あなたのセンシはとても低くなるはずです。

 

2.Accelerationを入れる。

0.02刻み等で少しずつ入れていきます。

 近距離で撃ち合ったときにAIMが追いつく加速度を探します。

※Driver Enabledにチェックが入っている時のみ加速が有効です。

※Save Changesをクリックすることで設定が反映されます。

 

3.気に入った設定があったら保存する。

「Save As」ボタンで設定をファイルとして保存することができます。

「Open」でいつでも呼び出すことができます。

気に入った設定を見つけたときは必ず保存しておきましょう。

上書き保存すると前の設定が失われてしまうので別名保存を推奨します。

 

調整にはAzPlex FFA Serverがオススメです!

connect join.ffa.csgo.azplex.jp:27015

f:id:hiramete0r:20190716184607j:plain

 

以下がこの数日間調整を続けている私の設定です。

ゲーム内センシ:1.6

DPI:400

f:id:hiramete0r:20190716183718p:plain

遠距離の撃ち合いはマウスをゆっくり動かすのでセンシ1.6で撃ち合い、近距離で走り回るSMGやピストルにはハイセンシで対処することができます。

 

最後に

他人のは参考程度に目を通し、自分で様々な設定を試してみるのが一番だと思います。

そしてマウス加速に慣れるためには非常に長い期間を必要とし、同じ設定を続ける必要があるでしょう。

 

 

※注意

・アンインストールするには「1. driver」フォルダの「driver_uninstall.bat」を管理者として実行してください。

・FACEIT ACはInterceptionが入っているとエラーが出るためプレイできません。

・このドライバは自己責任でご利用ください。一切責任を負いません。

 

MMで接続されるサーバーを制限するツール

  タイトル通りです。
マッチメイキングで接続されるサーバーを制限するツールが存在しました。
(結構前からあったみたいです)
つまりどういうことかっていうとUS WESTやオーストラリアサーバーにこれ以上繋がなくていいってことです!
逆にこれを利用すればシンガポールサーバーには繋がず、US WESTサーバーにだけつなぐことも可能です。

インストールとやり方
1.まずはここからダウンロードしてきます。
http://csgo.gamebanana.com/tools/download/5684

 



2.解凍して出てきたMatchmaking Server Picker.exeを管理者として実行します。

3.繋ぎたいサーバーを左クリックし、Apply(適用)をクリックします。


4.完了。(一度ブロックしたらこのソフトウェアを起動する必要はないです。)





5.元に戻したいときはResetボタンを押せば戻せます。


注意
Windows Vista、7、8、8.1でのみ動作します。
Windowsファイアウォールを有効にする必要があります。
もしGOTVで問題が発生した場合はResetボタンを押せば治ります。
BANなどはないようですが使用は自己責任で。

msvcr90.dll is missingまたはerror 0xc000007bのメッセージが出る場合、.NET 3.5をインストールすれば動くようになります。


アンインストール方法
1.管理者として実行し、Resetボタンを押します。
2.Matchmaking Server Picker.exeを削除します。



NO MORE HIGH PINGサーバー!!!!

MMでBOTを絶対服従させる方法

味方がMMの途中で抜けてBOTになった時、BOTが勝手にプッシュして死んだら困りますよね
今回はそんなときに使える豆知識を紹介します
AVのタイトルではないです

reddithttps://redd.it/3vn9vy

続きを読む